北朝鮮マネロン関与疑惑のイーサリアム財団研究員、釈放され裁判を待つ

スポンサーリンク

逮捕までの背景  米ニューヨーク州南部連邦地方裁判所、連邦捜査局(FBI)によると、Virgil Griffith容疑者は、米国の制裁から逃れるための資金洗浄に利用されると知りながら、北朝鮮に技術供与をした疑惑があるとされている。 また、司法省によるとGriffith容疑者は今年4月、米国務省が渡航を許可しなかったにも関わらず、「平壌ブロックチェーン・仮想通貨カンファレンス」に参加するため北朝鮮に渡り、出席者らと「どのようにしてブロックチェーン及び仮想通貨技術を利用すれば、北朝鮮が資金洗浄(マネロン)を実行できるか」を議論したとされる。46521e03c260368783a1b91b505e1518_s

Source: 仮想通貨ニュース速報 - 仮想通貨まとめNews
北朝鮮マネロン関与疑惑のイーサリアム財団研究員、釈放され裁判を待つ