【悲朗報】「お坊さん」のリピート率ランキング 「イノベーション」か「冒涜」か

スポンサーリンク
kid_job_boy_obousan
1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/02/07(金) 21:34:48.45 ID:CAP_USER
鷲尾 龍一
日経ビジネス記者
2020年2月7日

 「2019年12月 忌日法要獲得率56% 6位/109寺院中」

 東京都府中市にある善照寺の岸本深信住職は、「僧侶が評価されることなんて今までなかったから、新鮮でしょう」と言いながらスマートフォンの画面を見せてくれた。忌日法要とは四十九日や一周忌など、お葬式の後に執り行う儀式のこと。獲得率は、分母が葬儀でお勤めをした回数で、分子が四十九日の法要の依頼が舞い込んだ回数。葬儀を頼んだ喪主が、再び同じお寺や僧侶に依頼するかを示す「リピート率」を割り出している。

 「109寺院中6位」は、30キロ圏内のお寺を直近1年の実績で比べた順位だ。さらに画面をスクロールすると、50点満点の「お客様満足度」が出てくる。評価項目は、「清潔な身なり」「親身な対応」「丁寧な話し方」「読経」「説法・法話の内容」の5つで、各項目は10点満点だ。接客業の基本のような項目から、僧侶らしい専門的な要素まで、喪主から集めたアンケート結果がアプリに反映されている。

https://cdn-business.nikkei.com/atcl/gen/19/00101/020600003/p1.jpg
ユニクエストが開発したアプリ「てらさぽ」の画面。忌日法要の獲得率や30キロ圏内にあるお寺と比べた順位が表示される

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00101/020600003/


続きを読む

Source: マネーライフ2ch|クレジット関連・お金関係
【悲朗報】「お坊さん」のリピート率ランキング 「イノベーション」か「冒涜」か