白金、戻ってもそこは

スポンサーリンク

【NYプラチナ概況】

2日のNYプラチナ相場は、前日比-0.7ドルの899.7ドル。

金軟調に上値を抑えられたが、中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)の改善で景気底入れの見方が出たことや、弱い米ISM製造業景況指数を受けてドル安に振れたことが下支えとなった。



【「南アNew Plat」現物保有残高推移】
2日の白金現物保有残高は、前日比+5832.25オンスの1023573.7オンス。

b

【東京市場取組内部要因】

「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)

3

「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間)

4


一般投資家のポジションは買い越し幅が減少、外資系ファンドは売り越し幅が減少しています。

【売買ポイント】
チャートは60分足、現状では三角保ち合いの範疇ですから、明確な保ち合い抜けを確認するまでは金同様に逆張りが有効です。株価が上昇すれば戻り入りするでしょうけど、あくまでも戻りの範疇であって、ここからの高値を買わない方針は継続です。

キャプチャ



当サイトのブログ構成は金・白金がメイン、プログラムから算出される売買ポイントを無料配信します。


メール配信希望はコチラからどうぞ

参考になりましたらポチッとお願いします
 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村


Source: 金・白金投資ブログ
白金、戻ってもそこは