白金、独自材料無しではこんなもの

スポンサーリンク

【NYプラチナ概況】

8日のNYプラチナ相場は、前日比-20.9ドルの893.1ドル。

金の続落やアジア・欧州株の下落から手仕舞い売り先行、900ドル割れとなった後もドル高や米株の上昇一服で反発のきっかけが掴めずに下げ幅を拡大、889ドルまで値を崩した。その後は下値を切り上げたが、900ドルが上値抵抗となり大幅安の状態のまま。



【「南アNew Plat」現物保有残高推移】
8日の白金現物保有残高は、前日比-11.28オンスの1026743.42オンス。

b

【東京市場取組内部要因】

「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)

3

「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間)

4


一般投資家のポジションは買い越し幅が増加、外資系ファンドは買い越し幅が急減しています。

【売買ポイント】
チャートは日足、
ポイントである「終値」で3200円割れとなり、連続陰線を形成中です。目先は8月安値からのアップトレンドラインがサポートとなりますが、そのポイントは3100円前後、値頃感も働いて一般投資家の買いポジションが増加していますが、だから「買い」という意味ではありませんのでお間違え無く。逆張り対応するなら、下抜け時にはキッチリと撤退する事が条件で、そんなに力を入れて買うほど魅力のある銘柄ではないはずです。

キャプチャ



当サイトのブログ構成は金・白金がメイン、プログラムから算出される売買ポイントを無料配信します。


メール配信希望はコチラからどうぞ

参考になりましたらポチッとお願いします
 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村


Source: 金・白金投資ブログ
白金、独自材料無しではこんなもの